BIMソリューション

BIM連携

潟Rスモソフト社製「プラネスト」との連携を強化しました。IFCデータ連携でも2社間の共同開発でダクト・配管の接続情報から芯々長が正確に取得できます。 この連携により、図面と積算データの整合性が取れ、見積積算ソフト側での修正作業の手間が省けます。

CADで指定した測定ポイントに対して、照度測定器で計測した測定結果を取り込むことができます。データ連携はBluetooth通信を利用しており、 測定場所とCADが離れていても連携することが可能ですので、測定後の手入力の手間やミスを無くすことができます。

SPIDER PLUS・CheX・TerioCloudのサーバーへTfasファイルを登録することにより、自動的にPDF変換をすることができます。
これにより現場でも最新データをタブレットで見ることができます。またその最新データを利用して、各タブレットソフトの機能を使って効率化を図ることができます。

潟激Sリス社SPIDER PLUSとは、制気口や排煙口の情報が連携できます。これにより、風量測定位置がSPIDER PLUSでわかり、その位置にBluetooth連携で計測データを取り込むことができます。計測作業工程が大幅に軽減されます。
また、通り芯情報も連携しており、SPIDER PLUSで撮った写真の位置情報を電子黒板で表示できます。

既存建物を3Dスキャナして、点群データ処理ソフトでCADデータに変換することができます。潟Gリジオン社InfiPointsや兜x士テクニカルリサーチ社Galaxy-Eyeでは、設備データをIFCで出力できるのでTfasに属性をもったまま取り込むことができます。現状の確認、施工検討、説明利用、新設機器の配置や搬入ルートの確認など様々な活用が期待できます。

潟Cンフォマティックス社のGyroEye Holoを利用することにより、3Dで作成したモデルを利用して、実際の建物にCADデータを重ね合わせることができます。施工中は墨出し作業の軽減化、施工後はメンテナンスやFM管理にと幅広い活用がされております。