ID UK0297
オプション
カテゴリ 表示
コマンド 寸法線のデフォルト値

質問

寸法線の「補助線のはみ出し長さ」を変えたい。

回答

変更したい範囲により、2種類の方法があります。

(方法1)部分的に変更する
【編集−寸法線−プロパティ】(寸法線のプロパティ)で変更できます。ダイアログの「補助線のプロパティ...」をクリックして表示されるダイアログで、サイズを「デフォルト値」から「個別」に変更しを選択して「はみ出し長さ」の値を変更してください。

(方法2)図面全体を変更する
【表示−寸法線のデフォルト値】で行います。「補助線のはみ出し長さ」を変更してください。変更した時点ですでに作図しているものにも有効となりますが、【編集−寸法線のプロパティ】の「補助線のプロパティ」で補助線の設定を「個別」に変更した寸法線には反映しません。

※ 「寸法線のデフォルト値」は図面自体と図枠(テンプレートファイル)に保存されます。次回から新規図面を開くと変更した「寸法線のデフォルト値」を使用するためには図枠(テンプレート)の保存が必要です。図枠(テンプレート)については、操作マニュアルの「Chapter1 基礎知識」−〔図枠(テンプレートファイル)の作成について〕−〔図枠を作成する〕をご参照ください。