CADWe'll Tfas

CADWe'll Tfas 12 / Tfas 12 E(64bit版)最新モジュール (ビルド番号:2720)

  • 掲載日:2022/8/29

修正項目

■今回の修正項目

その他
  • デジタル署名のコードサイニング証明書の署名検証エラーにより、Tfasの起動に失敗する場合があった問題を改善しました。

■今までの修正項目

基本
  • ツールバーカスタマイズの[ファイル]分類にある[作業中のファイルを現場PlusTFにアップロード]機能を新規に追加して、開いている図面のPDFを現場PlusTFへアップロードできるようにしました。
  • Windows11にて、WebCADDのログインダイアログの描画が乱れる問題を改善しました。
  • ネットワークライセンスイントラ版サーバーの推奨OSにWindows Server 2022を追加しました。
  • PDF出力の精度を向上しました。
電気
  • [照度分布図]-[器具データ付加]にて器具データを付加した図形を3D表示した場合、高さの基準がずれて表示される場合があった問題を改善しました。
  • [ツール]-[SPIDERPLUS連携]-[撮影位置自動配置]/[撮影位置手動配置]にて、図面にスリーブ撮影位置図形を配置できるようにしました。
  • [照度分布図]-[作図]にて、「東芝照明設計ツールTX CAD連携モジュール」で付加した器具データを使用して照度分布図の作図を行うと、「LumiIconSize.lstからアイコンデータを取得できません」と表示されて照度分布図の作図が失敗する場合があった問題を改善しました。
  • [照度分布図]-[器具データ付加]にて、パナソニックから東芝ライテックに器具データを変更した際、3Dデータが更新されない問題を改善しました。
空調・衛生
  • レベル変更にてCADが強制終了する場合があった問題を改善しました。
  • [ツール]-[SPIDERPLUS連携]-[連携ファイル出力]にて、丸-実管(配管用ツバなし)/丸-実管(配管用ツバあり)のサイズ単位を[A]で出力するように改善しました。
  • 部材入替にて、トップジョイントのR-5とR-11を入替えできるようにしました。
  • 部材配置の[炭素鋼鋼管]-[ねじ込み継手]-[ストレート]にあるブッシング等のL寸に誤りがあり修正しました。
  • [インサート]-[個別配置]にて勾配付きの配管にインサートを配置すると、配管の中心からずれて吊金物が配置される場合があった問題を改善しました。
3D
  • 3D表示にてCADが強制終了する場合があった問題を改善しました。
  • 機器配置から配置したウェザーカバーの3D形状を改善しました。
  • スレッド数の多いCPUを搭載したPCで3D表示を行うとCADが強制終了する場合があった問題を改善しました。
  • 3D表示の精度を向上しました。
その他
  • 機器器具、電気部品、空調衛生部材、電気部材、建築部材、部屋について、図形を作図した時にGUIDを付加するようにしました。また、付加したGUIDは、図形情報ダイアログにて確認できるようにしました。
  • [任意属性]-[検索]にてGUIDを検索できるようにしました。
  • [任意属性]-[編集]および[任意属性]-[検索]のCSV出力にて、GUIDを出力するようにしました。
  • Linx図面(.Linx2Tfas)を展開した際、シートパターンが引き継がれるように対応しました。
  • Linx図面(*.Linx2Tfas)読込みの精度を向上しました。
  • IFC出力の精度を向上しました。

利用条件

  • 以下のファイルの利用につきましては、ソフトウェアのライセンスに準ずるものといたします。
  • ファイルの変更、リバースエンジニアリングなどを禁じます。
  • 書籍もしくは雑誌などへの添付、ネットワークなどへ転載を禁じます。

注意事項

  • インストール後、ビルド番号は「2720」に変わります。

ダウンロードファイル

ダウンロードファイルは、以下の種類がありますので、現在ご使用の種類を選択してください。

■初めてインストールするお客様の新規インストール用

■既にインストールしてご使用中のお客様のアップデート用

■時間課金レンタル(WebCADD)のお客様用