CADWe'll Linx

CADWe'll Linx 最新モジュール (ビルド番号:1208)

  • 掲載日:2020/6/30

修正項目

■今回の修正項目

基本
  • Tfas図面の出力(.Linx2Tfas)にて、Tfas部材に変換できる部材を追加しました。
  • IFC入力およびIFC出力にて、部屋図形を変換できるようにしました。
  • 他CAD参照(旧、Tfas参照)において、IFCに対応しました。
  • 他CAD参照(旧、Tfas参照)で[ロード更新]した時、対象のシートに通り芯が作図されていた場合、原点の調整や移動により手動で合わせる必要なく、自動で位置合わせするようにしました。
  • 図形が選択されていない状態でオブジェクトプロパティウィンドウを表示したとき、[ピックモード]で表示するようにしました。
  • 楕円柱・楕円錘コマンドを追加しました。
  • 円コマンドに、作図方法[2点と半径]を追加しました。
  • 円弧コマンドに、作図方法[半径と弧長]を追加しました。
  • 補助線コマンドに、作図方法[等分割]、[角度分割]を追加しました。
  • 文字・3D文字コマンドに、[レイヤ]、[透過]、[上付き/下付き文字]、[小数点以下文字比率]項目を追加しました。
  • 寸法線コマンドに、[2段寸法線作図]、[透過]、[小数点以下文字比率]、[背景塗りつぶし]項目を追加しました。
  • 図形間寸法線コマンドを廃止し、寸法線コマンドの作図方法のひとつとしました。操作方法に変更はありません。
  • 3D寸法線コマンドに、[透過]、[小数点以下文字比率]項目を追加しました。
  • 移動コマンドで、寸法値の移動に対応しました。
  • 文字編集コマンドに、[レイヤ]、[透過]、[上付き/下付き文字]、[小数点以下文字比率]項目を追加しました。
空調・衛生
  • ルーティングでダクト、配管、冷媒管を作図する際、単線で作図きるようにしました。
  • アイテムリストから機器器具を選択して部材配置する際、領域指定(比率/距離)で機器器具を配置できるようにしました。
  • アイテムリストに鋼板、設備基礎、メンテナンススペースを追加し、多角形領域で配置できるようにしました。
  • 部材入替え機能について、配管継手やバルブを指定して、他の配管部材に入れ替えられるようにしました。
  • 制気口変更機能について、制気口を指定して、種類やサイズ等を変更できるようにしました。
  • ダクト、配管部材の一部の部材について、単線化・複線化をできるようにしました。
    単線は実寸での表現になります。
  • ダクト、配管に保温を設定する際、用途毎の設定値を参照して設定できるようにしました。
  • フレキシブルダクト、フレキ管、冷媒管の曲りR値の大きさを個別に変更できるようにしました。
  • 配置されている機番をオブジェクトプロパティウィンドウにて形状を変更できるようにしました。
  • L寸設定して配置した部材をオブジェクトプロパティウィンドウにてL寸変更できるようにしました。
  • 傍記-配置機能について、勾配のついた配管の勾配値を傍記として配置できるようにしました。
  • 傍記-UP/DN機能について、ダクト・配管のレベル差情報を傍記として配置できるようにしました。
その他
  • 属性検索・編集機能について、フォーマット設定で変換設定を行うことにより、属性値の表示を変更してExcel出力/読込できるようにしました。
  • 部材管理機能について、ラインナップの追加に対応し、複数のラインナップを登録できるようにしました。また、弁の登録をできるようにしました。
  • 干渉検査機能について、Tfasから読み込んだ電気部材(3D形状)を検査対象となるようにしました。

利用条件

  • 以下のファイルの利用につきましては、ソフトウェアのライセンスに準ずるものといたします。
  • ファイルの変更、リバースエンジニアリングなどを禁じます。
  • 書籍もしくは雑誌などへの添付、ネットワークなどへ転載を禁じます。

注意事項

  • インストール後、ビルド番号は「1208」に変わります。

ダウンロードファイル

ダウンロードファイルは、以下の種類がありますので、現在ご使用の種類を選択してください。

■初めてインストールするお客様の新規インストール用

■既にインストールしてご使用中のお客様のアップデート用